2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 音楽 | main | Lamp 『残光』のページ開設 >>
Camille 2000

Piero Piccioni 『Camille 2000』1970年

ピッチオーニの音楽は素敵です。
こういったジャンルの作曲家の中でピッチオーニは別格に思います。

とりわけ、ボサ調、ジャズ調、バラード調などハーモニーが前面に出る曲は、ピッチオーニの魅力を感じます。

このアルバム自体、そんなにポップな曲が目白押しというわけではありませんが、「Easy Lovers」、АBallade」、「Tears In Brazil」、「Brasil 2000」(これらの別バージョン含む)など、ピッチオーニのあの感じが入っていて嬉しくなります。
| music-sound track | 14:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:05 | - | - |