2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 取材と今後 | main | 3/21 Lampのライブあります >>
恋人へ
だいぶ前に書いた、曲ごとのセルフライナーノーツの続きを載せます。
2nd『恋人へ』の1曲目から。

-------------------------------------------------------------------------------

「恋人へ」

2nd アルバムのレコーディングもだいぶ終わりに近づいた頃に、永井が1曲目にアコースティック・ギター1本の短い曲を挿入したいと僕に言ってきました。はじめはあまり気がすすみませんでしたが、それが入ることによって作品全体に統一感が出るということで、最終的に入れることにしました。

この曲は、永井によるアコースティック・ギターのフィンガー・ピッキングに、アコースティック・ピアノとコーラスが途中から入ってくるという1分強のシンプルな作品です。

とても美しく切ない曲です。
この曲につけた海の映像がとてもきれいで、この曲を聴くとその映像が思い浮かびます。

曲のタイトルは、既に決まっていたアルバム・タイトルからそのまま付けました。

染谷大陽(2005/7/1)
| self liner note | 09:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - |