2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ジョアン・ジルベルトの伝説 | main | ハイムンド・ビッテンクール >>
手塚治虫
手塚漫画は長編も短編も面白い。

好きな作品はいっぱいありますが、
ここで順位をつけてみたいと思います。

手塚治虫で好きな長編

1位 「アドルフに告ぐ」
2位 「ブッダ」
3位 「陽だまりの樹」
4位 「きりひと讃歌」
5位 「奇子(あやこ)」
6位 「MW(ムウ)」
7位 「シュマリ」

読んでいる時にどれだけ興奮して読んだかをもとに順位をつけました(次の巻を手にとる時の興奮度とか)。すると、こんな感じですかね。ここに挙げたものは全て青年向け漫画で、どれも面白かったです。
手塚漫画は作品のテーマも含め好きです。

「ブラックジャック」も「火の鳥」もどちらも大好きでかなり面白いのですが、僕、この2つはばらばらに読んだので、ここには敢えて入れませんでした。

因みに短編集では、「ザ・クレーター」「ライオンブックス」「空気の底」「時計仕掛けのりんご」等が面白いです。

僕の場合、手塚治虫漫画全集(カバーが黒いやつ)か文庫で買って読んでいます。
| comics | 14:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:48 | - | - |