2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< マレットで | main | スコアを書く >>
Telegraph Avenue
今日は永井の家で3人で新しい曲の練習をしました。

帰りに、永井の家の近くのアジア料理のお店でカレーを食べました。



Telegraph Avenue 1971年

1970年代の初めの頃にペルーで作られたというなんともわけのわからない内容のアルバム。とにかく、勢いというかモチベーションというか、「凄い」感じが音楽から伝わってきて、思わず笑ってしまいます。購入してからしばらくこのアルバムを聴き続けています。

1曲目はAlzo&Udine「Something Going」のカヴァー。
こちらはオリジナルを凌ぐ内容、
と言ってしまっては語弊があるかもしれませんが、
試しにオリジナルを聴いた直後にこちらをかけたら、
僕はこっちの方が好きかも知れないと、その時は思いました。
日系人だというボーカルのボー・イチカワの声とデュエットする女性の声、どちらもセクシーでかっこいいです。

2曲目の「Happy」は、タイトル通り、聴いているこちらも幸せな気持ちになれる、そんなナンバーです。コーラスやミックスもかっこいい。
僕はアルバムの中でこの曲が一番好き。
曲の途中で、男女の会話が挟まります。
僕もこんな言葉を女の子に言いたい。
素敵ですね。
4曲目「Lauralie」も、とてもメローなナンバー。

3曲目の勢いのすごさには笑ってしまいます。ノリとかそういうものを超えています。
アルバム後半はロックな曲が続きます。
時々入るカンフーっぽい掛け声が、わけわからなくて、また良い感じです。
| music-rock/pops | 22:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - |