2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Bebeto ―Bebeto | main | Johnny Bristol ―Strangers >>
Blossom Dearie ―Give Him the Ooh-La-La

Blossom Dearie 『Give Him the Ooh-La-La』1957年

最近、毎夜、寝る前に流しているのがこれです。
ブロッサム・ディアリーのVerveでの2枚目のアルバム。
彼女のとてもかわいらしい歌が、ノンリバーブで録音されていて、非常に心地よいです。

古い音だなぁ。暖かい。暖かすぎるなぁ。
かなり素晴らしいです。
はじめの曲以外は非常にゆったりしていて、何とも夢心地です。
あんまりジャズボーカルものには手を出していないのですが、このアルバムを聴いていると、ちょっと他も聴いてみたくなったりします。
音楽を聴いているというよりは、音を聴いている感じですね。


今日は、フィルム5本現像に出したのを取りにいってきました。


4thの録音のとき。ぼくと永井。いすに坐っています。
| music-jazz | 00:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:46 | - | - |