2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Ned Doheny ―Hard Candy | main | 愛聴盤との出逢い >>
Pages

Pages 『Pages』1978年

AORです。あんまり詳しく知らないんですが、ペイジズはセカンドよりもこちらのファーストの方が好きです。
最初聴いた時はけっこう地味な印象でしたし、エレキ・ギターやシンセサイザーの音など(聴いた当時の)自分の中では、「なし」な音を使っていたので、いまいちだったんですけど、段々良さがわかってきました。

ちょっとこのCDは音圧が低い感じがするんですけど、どうなんでしょう。
◆This Is For The Girls」や「I Get It From You」、「Let It Go」などは聴いてて気持ちの良い曲、サウンドです。
ΑIf I Saw You Again」もなかなか。声が良いな。

ここ3日はAOR作品について書きました。ちょっと別なものにも触れますね。
| music-aor | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |