2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ________ | main | アコースティック・ピアノとウーリッツァー録り >>
Splendido il Piccioni!
 
Splendido il Piccioni! 1995年

イタリアの映画音楽作曲家、ピエロ・ピッチオーニの有名なベスト盤的内容の(?)コンピ。
1995年というのはこのCDが発売された年です。

この「Splendido il Piccioni!」シリーズは、今のところ3枚出ていますが、この1枚目が内容的に一番聴き応えがあります。次に「Splendido il Piccioni! N.2」。
「Splendido il Piccioni! N.3」はあんまり好みでなく、ほとんど聴いていません。

全体としては、Bossa調のナンバーが多く、ピッチオーニお得意のコード進行がこれでもかというほど堪能できます。廃盤CDですが、馬鹿みたいに高くはないです。

本当に素晴らしいトラックの数々が収録されているコンピレーションですが、
特に好きなのは4「Finche' C'è Guerra…」というサンバ調の曲。ホーン・アレンジが壮大で、普段はこういう仰々しい曲は好きにならないんですけど、ピッチオーニの曲が良すぎて感動します。
声とホーンが重なるところとか真似したいけど、どれだけのホーン隊と歌い手で録音しないといけないのかを考えると、難しいですね。
それと1曲目の「Mr. Dante Fontana」、これにはやられますね。一度聴いた者に、忘れさせない何かがあります。いや、それは掛け声の所為なんでしょうけど。。

Bossa調の曲はどれもかなり良い感じです。
ブラジルのそれとは雰囲気が全然違います。

わかりにくい音楽とはいいませんが、慣れた頃が一番良い感じで響く音楽だと思います。人によっては最初はイージーリスニングに聴こえるかも。

ラストの「Codice D'amore」も大好きな曲です。この曲の別ヴァージョンは「Splendido il Piccioni! N.2」でも聴けます。恐らく、同じ曲を別の映画で使い回ししたんだと思います。

昨日、ちょうど、永井とピッチオーニの良さについて話していたんですが、
ジャズやらクラシックやら各ジャンルからの影響のバランスが非常に良いよね、みたいな話しになりました。あくまで自分たちにとってですけど。

こう改めて聴きかえすと、ピッチオーニから受けた影響はかなりのものだなぁと自分で感じました。
きっとこれからも影響を受け続けると思います。
| music-sound track | 00:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - |