2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 赤色エレジー | main | Jackie Cain & Roy Kral ―A Wilder Alias >>
Look at that
今し方、たまたまテレビが付いていて、誰だか日本の、音楽とも呼びたくないような、音楽をやっている人たちがそこに映っていて、そして、それを観に来ている大勢の人たちが、リズムや踊りに合わせて同じ色のライトを振っていて、なんだかその光景がひどく恐ろしいものに見えました。

全然詳しくないのに言ってしまっているのですが、
恐らく、僕が目にした番組が特別おかしかったわけではなく、
最近の音楽とかテレビの映し方、ライブのやり方など、大方、そういうものなんだと思います。


ある程度は、そういうものだとわかっているものの、
実際に目の当たりにすると、すごくがっかりして、何ともいえない気分にさせられます。

なんだか、今の世の中の、文化に対する態度や価値観に対して、非常に懐疑的になってしまうというか。

昔に比べて自由といえば自由なんだけど、
それは本当の自由(というと語弊がありますが)ではないんですね。
日本をはじめ、どこの国も、『大衆が「戦略」と「洗脳」に侵されている』図は変わらないんだなぁなんて思ったり。
いつの世の中も、ある程度そういう傾向があるものの、今は酷いですね。

自分のことは棚に上げて話しますが、
なんていうか、
みんな、自分から好きなものを選んでいるつもりになって、実は選ばされている状態といいましょうか、

何種類かのパターンの中から自分を当てはめる作業に似た、

深く知れば、違うんですよ、
と、言われそうだけど、

でもやはり僕から見ると、大分、そのように見えるんですね。



まあその話しと関係あるかないかは置いておきまして、

お盆も終わりますし、良い音楽を作るべく、やっていかないとなぁなんて思います。


| others | 01:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:11 | - | - |