2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Look at that | main | Milton Nascimento ―Courage >>
Jackie Cain & Roy Kral ―A Wilder Alias

Jackie Cain & Roy Kral 『A Wilder Alias』1973年

夫婦であり、ジャズ・ボーカル・デュオである、ジャッキー&ロイのCTI2作目です。
CTIのシリーズはジャケットがすごく良いですね。

このアルバムは、二人のスキャットと力強い演奏で聞かせるアルバムとなっていて、変拍子が多用されたりなど、これまでの彼らの作品と比べるとちょっと難解な内容です。
ジャッキー&ロイを聴くならこのアルバムから、という感じでお薦めできるものではないのですが、
全編にわたり、アコースティック・ピアノではなく、ウーリッツァーを使っているので、ウーリーのジャズのアルバムを聴きたいという人にはかなりお薦めです。
そういうアルバムって、そんなに多くないですよね。
ドラムのスティーブ・ガッド、かなりジャズっぽい熱いプレイです。個人的に、この人のプレイは、AOR系のクールで安心して聴けるようなスタジオ・ミュージシャン然としたものしか聴いた事なかったので、新鮮でした。
| music-jazz | 09:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:14 | - | - |