2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
菅井協太『y533』& Lomboy『South Pacific』 サブスク解禁

僕たちのレーベルBotanical Houseから、

菅井協太『y533』とLomboy『South Pacific』が、SpotifyやApple Music等のサブスク解禁となりました。

 


『y533』はトータルアルバムの趣がとても強く、例えるならビートルズの『アンソロジー2』のディスク2〜『アンソロジー3』のディスク1あたりをダウナーでサイケデリックにしたような世界観。

そんな菅井君の世界観に圧倒される1枚です。

そして、個人的にはそういう音楽に馴染みがない人にこそ聴いてほしい1枚です。

 

ここでは作者には申し訳ないですが、

僕の超個人的で”妄想的な”曲ごとの印象を勝手に書き記してみます。

聴きながら読んでもらえると感覚を分かってもらえる気がするのですが、斜めに読み飛ばしてもらっても結構です。。

 

古い小さな教会での儀式が思い浮かぶような美しさがある冒頭の1「Sweet Bathing」、

それは遥か昔の中国、やむを得ぬ理由で山奥に捨てられた子供、、という悲しさを感じる2「Sunshine」、

その中国の山奥で歩き出す猛獣をなぜか思い出す、、3「Bright Time」、

日が暮れるサバンナで親とはぐれてしまった二匹のサイが鳴く4「Two Rhinos」、

もう誰も管理してないボロボロの温室植物園を歌った5「Botanical Garden」、

68年くらいのビートルズ的な要素が強い6「Jockey's Night」、

Bメロで宇宙の壮大さを感じる7「Sun Break」、

養分のない畑の土を耕す鍬にズームインし続けるビデオカメラような8「Darling People」、

これは3曲目くらいで出てきた中国の虎の歌?9「Tiger Sad」、

10「Bless you」は僕が昔初めて遊びに行った真鶴の菅井君の部屋を思い出します。。その時に聴かせてもらったからだと思うけど。

中国の山奥にある隙間風が酷い一軒宿で、今にも沸騰しそうなヤカンを思い出す11「Boil A Kettle Again」、

最後、冒頭に出てきた古い小さな教会にフラッシュバックする12「Time Flies」。

 

 

聴こえてくるワードやタイトルから曲の内容と若干リンクしているものもあるんですが、

基本的に歌詞は見ないで想像しながら聴いてる(書いてる)ので、上に書いたことはもちろん作者のイメージとは全く別のものです。

 

菅井協太『y533』 Spotify

菅井協太『y533』 Apple Music

 


 

 


Lomboyの『South Pacific』はヨーロッパ発のオリエンタルサウンドが楽しめる1枚です。

ターニャの可憐な歌声と自由奔放なクリエイティビティが光ってます。

 

Lomboyはこの1st以降もリリースを重ねていますが、

僕はこの1st EPが一番好きです。

そしてもちろん一番のオススメがこの1枚です。

 

特に冒頭の「South Pacific」と2曲目の「Same Way」。

この2曲を聴いてピンと来なかったら、多分Lomboyは合わないでしょう。

それくらいこれら2曲は良い感じです。

 

Lomboy『South Pacific』 Spotify

Lomboy『South Pacific』 Apple Music

 

 

どちらも2016年にリリースしたものです。

Botanical Houseでは結構マニアックな音楽性のタイトルばかりが並んでいますが、

音楽的にすごく楽しめるものばかりだと自負していますので、

是非、トライしてみてください。

| about Botanical House | 19:41 | - | - |
Minuano 3rdアルバム『蝶になる夢を見た』

Lampで長年サポートメンバーを務めてもらっている尾方伯郎さん主宰のMinuanoのサードアルバムが明日8月11日にリリースとなります。

 

過去の作品同様に、Lampの榊原がボーカルとして全曲フィーチャーされており、数曲作詞もやっています。

 

また、永井がギターで地味に参加しているほか、僕染谷が4曲目「ソーダ水の想い出」の編曲とディレクションをやっています。

 

 

新作は、僕たちのレーベルBotanical Houseからのリリースとなります。

ここを読んでくれているLampリスナーの方をはじめ、多くの方に聴いてもらえたら良いなと思ってます。

 

 

Minuano  『蝶になる夢を見た』2019年8月11日リリース

 

01.蝶のみた夢
02.春時雨の夜にさよなら
03.終わりのない季節
04.ソーダ水の想い出
05.素敵な時間旅行
06.彷徨う心は海
07.群青の世界
08.流星綺譚
09.蜃気楼
10.夏の幻影
11.機械仕掛けのハートのための不完全な戯曲
12.ダンス
13.真夜中のラウンジ

 

尾方さんが、このアルバムについて、「何か具体的な憧憬があって作ったというよりは、自身の中から自然と出てきた音楽」という趣旨のことを語っているんですが、

僕は、これまでの作品で最も飽きずに長く聴けるアルバムなんじゃないかと、そんな風に思ってます。

 

僕が内容についてあれこれ書くよりも、このダイジェストを聴いてもらった方が良いと思います。

 

 

一聴して「かっこいい」とか、そういう音楽ではないと思います。

少しずつ浸み込んでいくような音楽だと思いますので、

是非、アルバムで聴いてみてください。

 

 

なお、タワーレコードの店舗、ディスクユニオンの店舗で購入された方には、それぞれ特典が付きます、

 

タワーレコード
読み物 鼎談:尾方伯郎(Minuano)×角谷博栄(ウワノソラ)×染谷大陽(Lamp)「Minuanoの時間旅行」他
 

ディスクユニオン
オリジナル特典ポストカード
 

※どちらも無くなり次第終了となります。

 

 

過去の2作、2009年の『Love Logic』と2010年の『ある春の恋人』は、

現在CDは廃盤ですが、SpotifyやApple Music等のサブスクで解禁になったばかりですので、CDを持ってないという方はそちらで是非聴いてみてください。

iTunes StoreでMP3を購入することもできます。

 

| about Botanical House | 19:57 | - | - |
空中泥棒『Crumbling』

空中泥棒は、韓国の宅録アーティストで、昨年、公衆道徳という名前で1stアルバムをリリースしました。

今回のこの2ndアルバムは、名義を変えてのリリースです。

 

空中泥棒 『Crumbling』2018年12月4日リリース

 

レーベルとして、こんなに音楽的内容の濃い作品をリリースできるのはとても嬉しいです。

 

これを言葉で説明することは、僕には出来ません。

音を聴いてもらうのが一番早いと思うので、こちらを聴いてみてください。

 

 

YouTubeのコメントを読むと、既に世界中のリスナーが衝撃を受けています。

 

 

日本盤CDの対訳は僕の妹がやっています。

僕は、特に外国の音楽の歌詞は気に留めないタイプなのですが、

妹が「歌詞がすごく良いと思った」と言ってました。

 

もうすぐ彼へのインタビューを公開できると思います。

 

| about Botanical House | 14:40 | - | - |
Lomboy 2nd EP『WARPED CARESS』本日発売

本日は、”Lomboy”の2枚目のEP『Warped Caress』の発売日です。

 

Lomboyはベルギーの女性SSWターニャさんの一人ユニットなのですが、

彼女は自由でストレンジな感性の持ち主で、それが音楽にもよく表れています。

 

今回は僕たちLampメンバーが全ての曲に参加しています。

Minuanoのおがたさんも、パーカッションやドラムで参加しています。

 

推し所は、僕らが参加しているとかそういうところではなく、その音楽性自体でして、

普通じゃない、すごく変わったユニークな音楽なので、是非多くの人に聴いてもらいたいです。

 

Lomboy『WARPED CARESS』2018年2月23日リリース

1.Alien Lady
2.Worth to You
3.Loverboy
4.Love Ain’t Got the Groove
5.Director’s Paralysis

 

先に発売されたシングル「Loverboy」が話題になり、YouTubeでは70万回の再生を超えています。

 

僕が個人的にピンと来たのは、4曲目の「Love Ain’t Got the Groove」と1曲目の「Alien Lady」で、これらはレコーディング前の時点で既に良い曲で、ギターも楽しく弾けました。

 

 

 

この2nd EP『WARPED CARESS』は、僕たちのレーベルBotanical Houseで輸入盤CD輸入アナログ盤の取り扱いがありますので、気に入った人は是非買ってください。

その他、iTunesやSpotify、Apple Music、Google Play、Amazon Prime等での配信もあります。

 

 

| about Botanical House | 21:34 | - | - |
渋谷タワーレコード6F Botanical House特集

本日、雨の中、渋谷のタワーレコード6階のワールドミュージックコーナーにて組んでもらっている我がレーベルBotanical House特集コーナーまで行ってきました。

 

 

 

 

担当の方とお話しをして来たのですが、

このように、ここでレーベルとして特集するのは今回が初めてだとか。

 

とても有難いお話しです。

 

これまでリリースしてきたものは、どれも大好きな作品ばかりです。

そして、意識してきたわけではないんだけど、いずれも一人の人間による宅録作品なんですよね。

全て偏屈な人間による偏屈な音楽。

 

ここで何か購入された方には、特典として、各タイトルから1曲ずつセレクトしたレーベルサンプラーCDRが付きます。

 

全タイトル試聴機で聴けますので、

渋谷に行かれる方は是非立ち寄って、よければ気に入ったタイトルを買ってください。

 

 

| about Botanical House | 01:29 | - | - |
韓国産SSW〔公衆道徳〕の紹介

”またしても”なんですが、偏屈なSSWものをレーベルからリリースします。

 

今回は「公衆道徳」という韓国のSSWです。

 

SSWと言っても、正統派SSWではなく、むしろ本人のメインはクラブミュージックっぽいです。

普段、低音がズンズンいっている音楽(僕はそういうのはほとんど分からないので、そういう表現しかできません。悪しからず)をやっているミュージシャンが、久しぶりにアコギを引っ張り出し、公衆道徳という名義で1枚宅録で作ったというのが、今回紹介するものです。

 

これがまた、そんな人が作ったというのが全く信じられない驚きの出来で。

 

皆聴いてくださーい、というよりは、本当に音楽好き、という人にこそ聴いて欲しい内容です。

割りと興味ない人も、最初の2曲だけで良いから聴いてみてください。

下記で全曲試聴出来ます。

 

 

ここからは先ほど僕がSoundcloudに書いた長文を引用します。

 

----------------------------------------

――え、これが韓国発の音楽!?  

文=染谷大陽 ( Lamp / Botanical House )

 

時々、オススメのCDを送ってくる韓国人の女の子が、ある日突然送ってきたのがこの公衆道徳。
これまで韓国の音楽に心の底から感服したことは正直一度もなかったものですから、「どんなものかな」と、まあそんなに期待して聴いたわけではありませんでした。

 

CDを再生。
1曲目、そして、2曲目。。
スピーカーの前に釘付け。
冒頭の「白い部屋」から最後の「結び目」まで、
全く隙のない完璧な出来。

 

――「隙が無い」とか「完璧」というのは、《曲、演奏、音作り、アイディア、音楽に対する姿勢や意欲、それら全てが望ましい形でアルバムとして結実した音楽純度100%のこの感じ》、はたまた《僕が求めていたのはこういう音楽だというこの感じ》、のことです――

 

フォーキーながらも、変拍子と和声がストレンジで面白い冒頭曲、
2曲目の出だしで、「あれ、ロックンロールかな、、」と思ったら、すぐに流れるようなコーラスが入ってきて、そこから切れ味抜群のアコギ、モジュレーションをかけたような音程感のヴォーカルと続き、ここでノックアウト。
これはすごい作品に違いないと確信しました。
初めてこのCDを再生し、3曲目半ばで、僕はその子に、その感動と公衆道徳に関する質問をぶつけるメールを打っていました。

 

全ての瞬間がとにかく凝ってるのに、全く嫌味ではなく、音やノイズが、初めからそうであったかのような必然性を持って入り混じっています。
アコギのピッキングやハーモニーなんかも凄いんだけど、それ以上に惹かれたのが、12音階からはずした音程の使い方。これがすごく上手で、音を揺らぎが様々な手段で効果的に使われているのが分かります。
6曲目「月たち」のアコギの揺らぎは、カセットテープMTR使ったのかなと勝手に予想しているんですが、この音程のずれ方が絶妙で気持ち良い!
5曲目「沼地」のガムランで使うようなピッチが甘い鉄琴みたいな楽器(これはなんていう楽器でしょうか)、これもすごく効果的です。

 

アルバム全体の印象は少し混沌としている。
でも、アルバムって、音楽って、それくらいがちょうど良いんですよ。
初めから掴めちゃう音楽より必ず長く楽しめるんです。

 

これは是が非でも日本でリリースしたいと思い、何人かの音楽業界に携わっている韓国人の知り合いやミュージシャンに”公衆道徳”について尋ねました。
みんなその存在は知っていたものの、申し合わせたように、「彼はこのアルバムをリリース後一切の公式的な活動をしていないし、誰も顔も連絡先も知らない」とのことでした。それが公衆道徳の韓国でのプレスリリースの宣伝文句なのかな?と思ったくらい皆同じことを返すんですね。
「なんかどこかで聴いたことあるような話しだな」「気になる人はこんな人ばかりだ」などと思いながらも、発売元のレーベルの連絡先を何とか掴みまして、無事、日本盤リリースまで漕ぎ着けたのでした。

 

Botanical Houseというレーベルをはじめて以来、自己顕示欲の無い宅録マニアが家で一人で作った音楽ばかりリリースしていて、今回の件で改めて自分が惹かれる音楽について思い知らされました。

 

で、この公衆道徳、本人が久しぶりにアコギを引っ張り出して録ったアルバムなんだそうです。
----------------------------------------

 

公衆道徳 1st Album日本盤


1. 白い部屋
2. 地震波
3. パラソル
4. ウ
5. 沼地
6. 月たち
7. 多分
8. 結び目

2017年3月1日発売
BHRD-007

 

ジャケットは日本盤リリースに合わせて新しくしました。
韓国盤はCD、LPともに廃盤です。

日本盤CDはMaxiケース仕様となります。

現在こちらで日本盤CDの予約を受付中です。

 

| about Botanical House | 20:42 | - | - |
KIDSAREDEAD Japan Tour 2015

昨年のKidsaredead(キッズ・アー・デッド)のジャパン・ツアーの模様を編集したムービーが公開されました。

この時のライブに見に来られた方は、是非下部の再生ボタンを押してみてください。

 

撮影・編集はツアーに同行したVincentの友人のThierry Bellia(ティエリさん)です。

 

 

中でも、福岡で初めて体験した彼のライブの衝撃と、

名古屋でベースとドラムが加わった瞬間の演奏は本当にしびれました。

 

ティエリさんの映像が良いというのも大分手伝っていると思いますが、個人的には、とても美しい思い出を作ったなと思います。

本当に大変だったけど、この映像を見て、「ああ、やって良かったな」と思いました。

この時ご協力頂いた方々、改めてどうもありがとうございました。

 

またいつか彼のライブを見たいです。

 

 

| about Botanical House | 09:27 | - | - |
Lomboy『South Pacific』について

昨日発売となりましたLomboy『South Pacific』、

もうお手元に届いて聴いている方もいると思います。

 

レーベルとして、今回も相当面白い内容の作品がリリース出来たと思ってまして、

聴いてくれた皆さんがこれをどう感じるのか、とても楽しみです。

 

個人的には、毎回のように「どうだ」と思いながらリリースしているのですが、

アーティスト本人は全くそんな気持ちがないことがしばしば。

でも、それはそれで良いです。

 

CDは薄いMaxiタイプで、こんな感じの素敵なデザインになっています。

 

 

 

 

Tower Recordsオンラインと一部店舗、Amazonの他、Botanical Houseのストア等でもご購入いただけます。

少数限定生産ですので、お早めにどうぞ。

 

音は下記Soundcloudで2曲フルで聴けます。

 

 

 

 

Lomboy 『South Pacific』2016年10月1日リリース

 

1. South Pacific
2. Same Way
3. In the Chamber of Vanu
4. Hello Hello
5. Dreams Are All the Game

 

 

Lomboyに関して、今回は僕らはあくまでレーベルとしての関わりですが、

次の作品は僕と永井が参加した曲が数曲収録される予定です。

 

「この次はモア・ベターよ」

 

という感じです。

 

 

最近、細野晴臣の『はらいそ』が以前より好きでよく聴いてます。

『South Pacific』は『はらいそ』に少し通じるところがあると思います。

 

| about Botanical House | 13:04 | - | - |
Lomboy『South Pacific』表題曲フル試聴

10月1日に僕たちのレーベルからリリースしますベルギーはLomboyの1stEP『South Pacific』、

そこから表題曲「South Pacific」をSoundcloudでフルで聴けるようにしました。

 

 

いかがでしょうか。

 

今週末、9月10日(土)のお昼に下北沢440でLomboyのライブがありますので、

気に入った方は是非来てください。

ライブは、先日の「ひかりのうま」でのライブと同じセットで10曲演奏します。僕と永井もステージに立ちます。

ご予約・ご来場、お待ちしてます。

 

--------------------------

Lomboy『South Pacific』 Pre-Release Shows Vol.3
9月10日(土)
下北沢 440
Lomboy / SaToA
前売2500円 / 当日3000円 (1ドリンク600円別)
12:00開場 13:00開演

 

◎ご予約方法◎
件名を「 Lomboyライブ 9/10予約希望」とし「お名前、人数」を添えて、「 lamplightmail@yahoo.co.jp 」までメールを送信ください。メールの返信をもって予約受付完了となります。
入場は当日先着順となります。

--------------------------

 

改めて、先日ご紹介した「Same Way」も載せておきます。

この2曲だけでなく、CDに収録される曲はどれも良いですし、

もっと言うと、今回収録されない楽曲も魅力的なものばかりで、

Lomboyには、ターニャさんの自由な感性が炸裂しています。

 

 

 

CDの方もよろしくお願いします。

 

Lomboy『South Pacific』(CD) ※予約受付中


1. South Pacific
2. Same Way
3. In the Chamber of Vanu
4. Hello Hello
5. Dreams Are All the Game

BHRD-006

2016年10月1日リリース

 

 

| about Botanical House | 19:14 | - | - |
9月10日 Lomboy / SaToA @440 予約受付中

僕と永井とでサポートで出演するLomboyのライブ、

9月10日はまだ予約受付中ですので、

もし良かったら来てください。

 

 

この日、共演のSaToAのライブも併せて楽しんでもらえたらと思っています。

 

------------------------------------------------------

Lomboy『South Pacific』 Pre-Release Shows

Vol.3 9月10日(土) 下北沢 440
Lomboy / SaToA
前売2500円 / 当日3000円 (1ドリンク600円別)
12:00開場 13:00開演

予約をご希望の方は、件名を「 Lomboyライブ 9月10日予約希望」とし「お名前、人数」を添えて、

「 lamplightmail@yahoo.co.jp 」までメールを送信ください。メールの返信をもって予約受付完了となります。
入場は当日先着順となります。

 

 

 

| about Botanical House | 11:02 | - | - |
| 1/4PAGES | >>