2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
お昼はカレーライス
今日は、古本屋のバイトでした。神保町に出たついでにディスク・ユニオンにいらないCDを数枚売ってきました。
古本屋では好きな音楽を勝手に流していいのでけっこう気が楽です。
今日はスタイラスの「ベスト・ケプト・シークレット」やザ・サークルの「ミンクス」、ブロッサム・ディアリーの2in1CD、他にもアジムス、ヴァーノン・ヴァーチ、ジョビン、アグスティン・ペレイラ・ルセーナなどなどをかけてました。ちょっとしたレコード店ぽいね。

最近は神保町に行った日には、お昼ご飯はスマトラカレーの共栄堂でポークカレー(ソース大盛)を食べています。普通においしいです。

昨日の日記に、うちの親が「フルーツパーラー」で永山らしき男に遭遇したらしいと書きましたが、親に話しを聞き直しましたら、ジャズ等を流す喫茶店「ビレッジ・バンガード」で男にずっと睨み付けられていたので、気持ち悪いので店を出たということです。
まあどうでもいいか。


Agustin Pereyra Lucena Quartet 『La Rana』1980年
| culture | 22:56 | - | - |
永山則夫
昨夜は、(実は)連日読んでいる殺人事件のサイトで、親から話しで少し聞いたことがある「永山則夫」の事件を読みました。

供述調書がどこかの放浪記っぽく、文章にその当時の街並や景色、時代の空気みたいなものが詰まっているようで、興奮なしには読めませんでした。
昨日の「津山30人殺し事件」とは違ったところで楽しんで読めました。

因みに、うちの両親は、当時、永山が働いていたフルーツパーラーに入ったことがあり、その時の男性店員の目つきが普通じゃなかったので、頼んだコーヒーを飲まずに店を出たそうです。両親曰く、あの店員は永山だったんじゃないかということです。どうなのかな。

永山が獄中で書いた本「無知の涙」、読みたくなりました。
この事件、興味ある人は読んでみたらいかがでしょうか。こちら


二日続けて物騒な話題ですいませんね。
| culture | 23:59 | - | - |
津山30人殺し事件
1938年、岡山県で起こった大量殺人事件「津山30人殺し事件」について、日本の殺人事件を扱っているサイトで読みふけってしまいました。

事件の概要を読み、殺人犯の残した3通の遺書を読むと、なんともいえない気持ちになります。
そのサイトは事件についてかなり詳しく書いているので、現場の生々しさが伝わってきます。

同サイトには津山30人殺し事件の他にもいくつもの殺人事件が紹介されています。興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか。
| culture | 22:54 | - | - |
小惑星衝突による人類滅亡
Yahoo!Japanに小惑星ニアミスに関するニュースがありました。僕は恐怖心からなんですが人類滅亡にとても興味があります。

全人類が滅亡するシチュエーションはいくつか考えられますが、「小惑星の衝突」というのが僕には現実的なものに思えてしまうのです。僕が生きている間とかそういう話ではなくて。いつか。

直径10kmの小惑星なら、それが地球のどこに衝突しても、人類は滅亡してしまうと考えられています。
それが何万年後かはわからないのですが、直径10km規模の小惑星が地球に衝突する事は必ずやって来る事だと考えられています。とりあえず今の人類の英知では、直径10kmの小惑星が地球に衝突するのを避けることが出来ないそうです。

軽々しくこんなことを言えた立場でもないんですが、僕は、自分が死ぬのはかまわないんですが(もちろん嫌ですけど)、人類の滅亡は避けたいと考えているんです。人類が築き上げてきた全てのものがその瞬間全て失われる途方もない悲しみですね。人という存在がいたことを証明する(わかる)何かが残ればまだ救われるんですけど。そしてその後の高度な知恵を持った生物に認識されるという展開。
そういう意味で人類が滅亡しても何かしら生命が生き残ってくれれば。可能性としてはありえますよね。

僕らがこうして物を残すのも、自分より後の世代に自分がいたことを証明するためのように思えます。認識してもらうということは重要なことです。
普通に僕が寿命を全うすると考えれば、西暦でいうと2050年〜2060年あたりに僕は死ぬことになりますが、願わくばその後も孫とか誰かが僕のことを考えてほしい。。。なんてことはみんな思うのかな。思わなかったらこんなこと書いてて恥ずかしいな。
僕らが家族や恋人と過ごした小さな時間。
ずっと千年も二千年もそれ以上前から人にはそういう小さな幸せや苦労があった。
太古の昔に想いを馳せたり。


宇宙のこととか考えていると、「小さいことで争ってんじゃないよ」と言いたくなりますよね。

小惑星衝突による人類滅亡に興味がある人はこんなページがありましたので、一度読んでみるといいですよ。
| culture | 00:37 | - | - |
<< | 2/2PAGES |