2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
Fred Bongusto―Il Tigre



Fred Bongusto 『Il Tigre』1967年

最近はこういった60年代のイタリア映画のサントラを聴くことが多いです。

よーく聴きこむというよりは、なんとなく雰囲気を楽しむみたいなところもあるんです(作者には申し訳ないです)が、このアルバムなんかはメロディがすごく好きです。

以前、書いた「女性上位時代」のサントラもそうですが、CDには同じ曲のヴァージョン違いがとにかく「これでもか」って言うくらい収められていますが、まったく飽きることなく最後まで聴きます。しかも何回も何回もリピートしてしまいます。
これだけヴァージョン違いを聴かされて、逆にアレンジの勉強になるのかな。

ほとんど、「Spaghetti A Detroit」と「Stupido Romantico」の2曲で構成されています。「Spaghetti A Detroit」は良いコード進行に良いメロディ。
大好きなコード進行で僕自身もよくやります。スティーヴィー・ワンダーもよくやるな。
90年代後半にCD化されたもので、歌詞カードはとってもコンパクトで可愛らしい感じです。

とにかくこのCDはいいよ。
だって素敵過ぎるんですもの。
音を楽しもうよ。聴こうよ、これ。
売ってないかなぁ?

フレッド・ボングストの『メイル・タイガー』でした。
| music-sound track | 02:02 | - | - |
女性上位時代
Lampが西麻布にあったMagnacyでライブをやっていた頃、イタリア映画のサントラ『女性上位時代』のメイン・テーマ「L'amore Dice Ciao」を演っていました。


Armando Trovaioli 『La Matriarca』

その時は、ボサ・ノヴァのオルガン奏者であるワルター・ワンダレイのアルバム『Moondreams』に入っていたヴァージョンの方をカヴァーしていました。
こちらの画像は香保里さんに借りたオリジナルの方のCDで、「L'amore Dice Ciao」が色んなヴァージョンで収録されています。
スロー・テイク、ドリーム・ヴァージョン、ワルツ・テーマ、ボサ・ノヴァ・リミックス、ピアノ・ソロ、ヴォーカル・ヴァージョン等など。同じメロディがずっと繰り返されます。
とても素敵な曲なので、何度繰り返されても飽きません。
というより、素敵な気持ちが高まるばかり。

最近は持っているいくつかのイタリア映画のサントラを聴きまわしています。もっと色んなアルバム、曲を聴きたい気持ちです。
| music-sound track | 23:41 | - | - |
<< | 2/2PAGES |