2014年2月5日
Lamp 7thアルバム『ゆめ』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
菅井協太『y533』 アルバム・トレーラー

4月8日にボタニカルハウスからリリースする菅井協太の『y533』のトレーラーを公開しました。

映像を担当したのはLamp榊原香保里です。

アルバムから8曲をピックアップして作ったトレーラーですが、
1つの曲に聴こえるくらい、 アルバム自体が1つのムードを持っています。
僕はこんなアルバムは他にないと思う。

これが菅井くんと僕との集大成という気持ちです。
こんなに素晴らしい作品をリリース出来て幸せです。

是非いつもより少しだけボリュームを上げて、 聴いてみてください。

| about Botanical House | 20:46 | - | - |
菅井協太『y533』 4月8日リリース
4月に僕らのレーベルで菅井協太くんの3rdアルバム『y533』をリリースします。


菅井協太 『y533』2016年4月8日
全12曲
BHRD-005
2450円(税別)

今日は、僕たちLampと菅井君との関わりについて、書いてみたいと思います。

僕が菅井君の存在を知ったのは、2003年にリリースされた『The Many Moods of Smiley Smile』というコンピレーションアルバムにお互いが参加したことがきっかけでした。
そこに収録されていた「Freak Show」という曲の音楽的な質の高さと異様さに魅了されました。2003年に行われた同コンピのライブイベントで、彼に会うことが出来、そこで連絡先を教えてもらいました。

その翌年、Lamp『木洩陽通りにて』の制作のときに、「紙魚だらけの唄」という曲のアレンジを彼に依頼し、直接的な関わりを持つようになりました。
この曲のアレンジをどうするかを相談する為に彼の自宅に行った際に、彼が作り溜めていたオリジナル楽曲群を聴かせてもらったのですが、その内容があまりにも素晴らしく、僕は彼の録音した楽曲のWAVデータほとんど全てを貰って帰り、それ以来何年間も彼の音源を聴き続けてきました。今考えるとだいぶ図々しい行為だったと思うのですが、それくらいはまりました。

中には覚えている方も居るかもしれませんが、
2005年に『木洩陽通りにて』のリリース記念ライブで、彼に前座で出演してもらい、そのバックバンドを僕らが務めた事もありました。

その後も、永井の協力を得つつ、彼のライブバンドのサポートをやったり、他の名義でのリリースを手伝ったり、ダニエルのレコーディングに招いたり、一緒に富士山に登ったこともありました。
富士登山はどうでもいいことですが。。
勝手に彼のMySpaceアカウントを作り、管理していたこともありました。
だいぶおせっかいですね。
という感じで、色々と関わりを持ち続けてきましたが、この度、とうとう自分たちのレーベルから念願の彼の3rdアルバムをリリースできることになったのです。


今回のアルバムに収録されている曲は、彼が2ndアルバム『Madonna』以降に作ったもので、そのアルバムに収められているタイトル曲「Madonna」の流れを汲むダウナーな楽曲が並んでおります。
今の時代、こういう音楽性自体がとても貴重だと思いますし、また内容も全曲良いので、これは是非CDで持っておきたい1枚です。

彼が影響を受けた音楽として、一部書くと、60年代後半のビートルズやビーチボーイズ、それと、シドバレットやピーターアイヴァースの名前が挙がります。ジョージ・ハリスンやドノヴァン、グランジじゃない方のニルヴァーナなんかも好きだと聞きました。
サイケ・ファン、ソフトロック・ファン、ムードミュージック・ファンは、はまってくれるんじゃないかと僕は思います。

まだアルバムからの楽曲は公開できませんが、今日は、僕が2004年に彼の家に遊びに行ったときに、「そういえばこんなものも録りました」と言いながら聴かせてくれた、ビートルズの「Free As A Bird」のカバーをYouTubeにアップしましたので、聴いてみてください。すごく独特な感じが出ていると思いますし、とりあえず、菅井君の歌声の良さを感じてもらえるかと思います。





音楽において、時代は、ライブが重要視され、録音物を愉しむという風潮が段々なくなっていると思うのですが、
僕はこれからも、録音物でしか感じることの出来ないある雰囲気(それは言葉には出来ないのですが)を持った作品が生まれることを楽しみにしていますし、そういう流れがまたいつか生まれたらいいなと思います。

今回、ジャケット含め、CDのデザインは全面的に香保里さんが担当し、ここを読んでいる人にはそこら辺も楽しんでもらえるかと思います。

 
| about Botanical House | 20:55 | - | - |
10/17福岡予約 若干名、再募集
10/17の福岡天神風街珈琲店でのLamp/Kidsaredeadのライブですが、
キャンセルが出たため、ご予約を若干名再募集いたします。
受付終了いたしました。ありがとうございました。

ご希望の方は、件名を「10/17福岡風街珈琲店予約希望」とし、
lamplightmail@yahoo.co.jpまで、お名前をお知らせ下さい。

なお、今回、少数の再募集となります為、ご予約は複数名様はお断りさせていただきます(お一人1名様まで)。

こちらからの返信メールを持ちまして、予約完了とさせていただきます。
先着順のご案内となります。
お待ちしております。

以下、イベント詳細となります。
---------------------
10月17日(土)福岡
場所:天神 風街珈琲店
出演:Kidsaredead、Lamp
予約3000円 当日3500円(1ドリンク別)
開場19:30 開演20:30
---------------------


*******************************

また、翌日の10/18の大阪梅田ムジカ・ジャポニカでは、
開演前の物販は無しとなりまして、
物販は終演後のみとなりました。
ご了承ください。
※他の会場は全て開演前、終演後に物販があります。



 
| about Botanical House | 00:11 | - | - |
Kidsaredead 『Klouange Skyline』発売されました
今日、Kidsaredeadのデモ曲集CDの発売日でした。

CDが売れないと言われてる世の中で、こういうマニアックなものを取り扱ってくれるお店は有り難いですね。

タワーレコードの新宿、池袋、渋谷、横浜ビブレ、梅田、梅田NU茶屋町店等では、それなりの数を入荷してもらえていますので、そちらに足を運んでいただけたら確実に入手できるかと思います。特典も付きます。

明日あたり、僕も都内のタワーレコードに足を運んでみようと思っています。


Kidsaredead 『Klouange Skyline』2015年9月1日リリース
| about Botanical House | 00:54 | - | - |
Kidsaredead ―You Always Break My Heart In Two
僕らのレーベルBotanical Houseより9月1日にリリースしますKidsaredeadのデモ曲集『Klouange SKyline』。
その中からポップなナンバー「You Always Break My Heart In Two」をSoundCloudにアップしました。

この曲はこれまでKidsaredeadのイメージと少し違う曲だと思います。



ドラムの音がトッド・ラングレンの『魔法使いは真実のスター』っぽい音です。

聴いて気に入ってもらえたら、是非CDを買ってください。
タワレコ店頭で買うと、先着で「The Saga Of The Boredom Kingdom」という曲が付きます。これは多分初回分のみになると思います。

そして、Lampと一緒に回ることになった10月の来日ツアーにも是非来てください。



 
| about Botanical House | 21:06 | - | - |
Kidsaredeadの「I met Karl Blau」
9/1にリリースするKidsaredeadのデモ曲集『Klouange Skyline』より「I met Karl Blau」をSoundcloudにアップしました。

いくつもの展開を見せる、このアルバム屈指の名曲だと僕は思っております。




今年10月には来日ツアーもあり、
これはこの才能を生で見られる貴重な機会なわけでして、絶対足を運んだ方が良いと思いますよ。


 
| about Botanical House | 21:13 | - | - |
Daniel Kwon「Against the Grain」〜「See you Thru」
昨日販売開始となりましたDaniel Kwonの1stアルバムのリミックス盤から、
本日、Soundcloudにダニエルの「Against the Grain」と「See you Thru」を一部抜粋でアップしました。
 


SoundCloudだとわからないかもしれませんが、すごく良い音で録れた作品です。

CDを購入される方はこちらからお願いします。
3000円以上のお買い上げで送料無料となります。
 
| about Botanical House | 21:28 | - | - |
Daniel Kwon 1stアルバム リミックス&ボーナストラック追加盤 予約開始
2007年にLampのメンバーが全面参加し制作しましたダニエル・クオンの1stアルバム『Daniel Kwon』ですが、
今回、ダニエル本人のディレクションの下にミックスをしなおし、さらに、ボーナス・トラックとして、僕が作った「How Long」と永井が作った「Lately」を追加収録して、僕等のレーベルの方でCDを再生産いたしました。

販売開始となります7月6日に先立って、本日より予約受付いたします。

一般流通販売はなく、Botanical House(ボタニカルハウス)のストアよりお買い求めいただけます。

サンプルとして、
ボーナス・トラックの2曲の一部を抜粋したものを用意しましたので、
是非聴いてみてください。



Lamp作品に劣らぬ内容となっております。



 
| about Botanical House | 21:11 | - | - |
Kidsaredeadデモ曲集『Klouange Skyline』9月1日リリース
5月1日に1stアルバム『The Other Side Of Town』の日本盤がリリースされましたKidsaredead(キッズ・アー・デッド)ですが、
彼が、その1stアルバム制作以前に、数年間にわたり録り溜めたホーム・レコーディング・デモを集めたアルバム『Klouange Skyline』が9月1日にリリースされます。


Kidsaredead 『Klouange Skyline』2015年9月1日リリース予定

The Lonely Multitracker Suite
1. Bernadette Polyphonic Girlfriend (4:11)
2. The City Is Wild (4:09)
3. I met Karl Blau (6:06)
4. Chez Gépy à Rombas (4:00)

Side B
5. She's Playing Guitar in My Mind (5:05)
6. You Always Break My Heart In Two (3:25)
7. Klouange Skyline (4:32)
8. Better Psychic Victims (Better Psychics) (3:28)
9. New Age Is The New Punk (2:58)

Bonus Tracks
Klouange FM Radio - SUBURBIA VALLEY 109.6
10.Tune in with Yatelo DJ (0:32)
11.Taking A Walk (demo) (1:33)
12.The Interview (2:22)
13.She Loves Me (demo) (2:15)
14.Ciao Ciao (0:22)


全11曲(全14トラック)
税抜2000円
Botanical House/BHRD-004


「I met Karl Blau」や「Chez Gépy à Rombas」など、僕が以前から大好きだった曲も収録されていますし、
ボーナス・トラックの「She Loves Me (demo) 」は、『The Other Side Of Town』に収録された2ヴァージョン以上にこみ上げてくるものがあります。


『The Other Side Of Town』の中の解説には「7月1日」リリースと書きましたが、諸事情があり、2ヶ月ほどリリースが先延ばしになりました。待っていただいていた方、ごめんなさい。



Kidsaredead 『The Other Side Of Town』2015年5月1日

『The Other Side Of Town』試聴

この後もKidsaredeadに関するニュースを発表して行きます。



 
| about Botanical House | 11:50 | - | - |
ダニエル・クオン1st再発記念イベント終了
ダニエル・クオンのファーストアルバム再発記念イベントにご来場いただいた皆様どうもありがとうございました。

予定外のこともあったり、反省点が多々ありましたが、
なんとか無事?イベントを終えることができました。

今回、イベントをやってみて一番強く感じたのは、
お客さんがみなさんとても律儀な方々だということでした。

代金後払いという形にも関わらず、予約いただいた方はほぼ全員来てくれましたし、
来られなかった方も、ご丁寧に、来られない旨又は行けなかった旨のメールを理由とともにいただき、
結果、無連絡の欠席者がゼロというのに本当に驚きました。軽く感動しました。
ありがとうございます。

トークは、一応話す内容を書いたメモを持って臨んだのですが、予定とは全く異なる展開になりました。
ただ、そんな中、わりと実のある話しが出来たかなと、自分で言うのもなんですが、そんな風に思っております。

ダニエルのCD、末永く聴いていただけたら幸いです。

 
| about Botanical House | 17:25 | - | - |
<< | 2/4PAGES | >>