2018年5月15日
Lamp 8thアルバム『彼女の時計』リリース



 Lampメールマガジン「灯通信」
登録はこちら
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

音楽レーベルBotanical House



生い立ちからバンド結成、
そして現在までの経緯。


試聴 SoundCloud

無人島に持っていく10枚。



染谷大陽 twitter

CATEGORIES
Lamp ---facebook






Lamp Official Website
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
Kidsaredeadデモ曲集『Klouange Skyline』9月1日リリース
5月1日に1stアルバム『The Other Side Of Town』の日本盤がリリースされましたKidsaredead(キッズ・アー・デッド)ですが、
彼が、その1stアルバム制作以前に、数年間にわたり録り溜めたホーム・レコーディング・デモを集めたアルバム『Klouange Skyline』が9月1日にリリースされます。


Kidsaredead 『Klouange Skyline』2015年9月1日リリース予定

The Lonely Multitracker Suite
1. Bernadette Polyphonic Girlfriend (4:11)
2. The City Is Wild (4:09)
3. I met Karl Blau (6:06)
4. Chez Gépy à Rombas (4:00)

Side B
5. She's Playing Guitar in My Mind (5:05)
6. You Always Break My Heart In Two (3:25)
7. Klouange Skyline (4:32)
8. Better Psychic Victims (Better Psychics) (3:28)
9. New Age Is The New Punk (2:58)

Bonus Tracks
Klouange FM Radio - SUBURBIA VALLEY 109.6
10.Tune in with Yatelo DJ (0:32)
11.Taking A Walk (demo) (1:33)
12.The Interview (2:22)
13.She Loves Me (demo) (2:15)
14.Ciao Ciao (0:22)


全11曲(全14トラック)
税抜2000円
Botanical House/BHRD-004


「I met Karl Blau」や「Chez Gépy à Rombas」など、僕が以前から大好きだった曲も収録されていますし、
ボーナス・トラックの「She Loves Me (demo) 」は、『The Other Side Of Town』に収録された2ヴァージョン以上にこみ上げてくるものがあります。


『The Other Side Of Town』の中の解説には「7月1日」リリースと書きましたが、諸事情があり、2ヶ月ほどリリースが先延ばしになりました。待っていただいていた方、ごめんなさい。



Kidsaredead 『The Other Side Of Town』2015年5月1日

『The Other Side Of Town』試聴

この後もKidsaredeadに関するニュースを発表して行きます。



 
| about Botanical House | 11:50 | - | - |
ダニエル・クオン1st再発記念イベント終了
ダニエル・クオンのファーストアルバム再発記念イベントにご来場いただいた皆様どうもありがとうございました。

予定外のこともあったり、反省点が多々ありましたが、
なんとか無事?イベントを終えることができました。

今回、イベントをやってみて一番強く感じたのは、
お客さんがみなさんとても律儀な方々だということでした。

代金後払いという形にも関わらず、予約いただいた方はほぼ全員来てくれましたし、
来られなかった方も、ご丁寧に、来られない旨又は行けなかった旨のメールを理由とともにいただき、
結果、無連絡の欠席者がゼロというのに本当に驚きました。軽く感動しました。
ありがとうございます。

トークは、一応話す内容を書いたメモを持って臨んだのですが、予定とは全く異なる展開になりました。
ただ、そんな中、わりと実のある話しが出来たかなと、自分で言うのもなんですが、そんな風に思っております。

ダニエルのCD、末永く聴いていただけたら幸いです。

 
| about Botanical House | 17:25 | - | - |
Daniel Kwon(ダニエル・クオン)1stCD再発&記念ライブイベントのお知らせ
2007年の夏にLampのメンバーが参加して制作されたダニエル・クオンの1stアルバム『Daniel Kwon』が本人のディレクションの元にリミックスされ、さらにボーナストラックを2曲追加で、『Daniel Kwon 2015 remix edition』として7月6日に再発します。

ボーナス・トラックとして、ダニエル・クオンとLampで曲を持ち寄って制作した3曲の内、公式リリースされていなかったLamp染谷・永井のそれぞれの曲「How Long」と「Lately」が追加されます。


Daniel Kwon 『Daniel Kwon』2010年リリース(制作は2007年)
※再発情報は下記をご参照下さい。


●イベント情報
それと、これを記念しまして、
6月27日、神保町ブックカフェ「二十世紀」で、ダニエル・クオンのライブ、リミックス盤試聴&Lampを含めた4人によるトーク・イベントを開催します。

『Daniel Kwon』制作までの経緯、制作当時のエピソード、録音方法、ミックス、Lampにとって『ランプ幻想』以降の布石となったダニエルとの共同作業、思い出やお互いのその後の活動などをLampとダニエル・クオンが語ります。

イベント詳細
『Daniel Kwon 1stアルバム リイシュー記念イベント』
6月27日(土)
場所:神保町ブックカフェ「二十世紀」(東京都千代田区 神田神保町2-5-4 2F)
18時30分開場 19時開演
入場料:2000円(1ドリンク別)
会場にて来場者限定で『Daniel Kwon 2015 remix edition』のCDを先行販売します。
座席40名様まで。
当日の席は早い予約者優先となりますが、開演以降に空いている座席がありましたらご案内いたします。

ライブ:ダニエル・クオン ソロ・ライブ 40〜50分 ※ダニエル次第です。
試聴会:全曲試聴か一部試聴かは未定です(ダニエルと相談中)
トーク:Lamp(染谷大陽、榊原香保里、永井祐介)&ダニエル・クオン

予約いっぱいの為、受付は終了しました。
イベント予約方法:件名を『6月27日Daniel Kwon再発記念イベント参加希望』とし、お名前、ご希望人数を明記し下記メールアドレスまでメールを送信下さい。返信メールをもって、予約完了とさせていただきます。なお、メール送信後3日以内に返信の無い場合は再度メールを送信ください。
メールアドレス:jimbo20seiki@gmail.com

イベントは僕染谷が仕切りますので、どうぞお手柔らかに。
お待ちしてます。


●CD再発情報
7月6日 Botanical Houseよりオンラインにて販売開始

Daniel Kwon『Daniel Kwon』2015 Remix Edition
1. A Tiger's Meal
2. Against the Grain
3. See you Thru
4. Hope is for hell to Decide
5. Elmer's Dragon
6. Inertia
7. Quietly
8. How Long ※ボーナス・トラック Lamp 染谷大陽作曲
9. Lately ※ボーナス・トラック Lamp 永井祐介作曲 

全9曲 2000円(税別)
※CDショップやAmazon等、一般流通はありません。
 
| about Botanical House | 21:56 | - | - |
明日、Kidsaredead『The Other Side Of Town』発売
明日5月1日はKidsaredeadの『The Other Side Of Town』の発売日です。

事前の宣伝は、小規模ですが、とりあえずやったし、
まだ彼とのやり取りは毎日のように継続しておりますが、
とりあえず、明日発売ということでひと段落。

作品についての解説(というほどのことでもないですが)はCD付属のライナーに譲るとして、
今回の発売までの話しでも。

レーベル1作目の新川さんの時は、新川さんが幸いにも(マメなタイプの)日本人だったので、レーベル最初の作品にしては大きな苦労は無く、割と無事にリリースできた感がありましたが、
今回は相手が外国人だということがあり、思ってた以上に大変でした。

1通のメールをやり取りするのに、帰宅後2,3時間パソコンの前にへばりついている。そんな毎日でした。
(今日もそうです)
メールが来たら、まず相手が何を言いたいのか、から始まるわけです。

しかも、ミュージシャンって普通じゃ考えられないことをやらかす人種でして、
「2曲だけLとRのプラグを指し間違えて最終ミックスやっちゃって、そのままマスタリングまでやっちゃって、それからその事に気づいて、やり直すので締切をなんとか延ばして欲しい」とか。。
今も日々トラブル続きです。




これで、売れて大儲け、となれば良いのですが、好きで出したものがそんな結果になるなんていう甘い世界ではなく。
売り上げ目標は、とりあえずはトントンです。

その後、少しずつでも誰かが何かのきっかけがあって知ったときに買ってくれたら、という感じです。

この1stアルバム、
僕にとってもとても長かったですが、彼にとってはもっともっと長かったと思います。

内容は保証します。

気になった方は、試聴してみて、良かったら買ってください。



photo by Philippe Lebruman

 
| about Botanical House | 21:43 | - | - |
Kidsaredeadのビーチボーイズ趣味全開の曲、Van Dyke Parking Carol
いよいよ今週金曜日5月1日に発売となるKidsaredead(キッズ・アー・デッド)の1stアルバム『The Other Side Of Town』。

本日は、そのアルバムから「Van Dyke Parking Carol」をSoundcloudにアップしました。



ビーチ・ボーイズ趣味全開のこの曲、
特に2分50秒からのコーラスワークは、聴く度にグッときます。

色んな展開や遊びがあって、何度聴いても飽きない曲です。

この良さは僕がどうこう言うより、聴いてもらったらわかると思います。


既に告知しましたが、
CDをタワーレコードの店舗で買ってくれた方には、購入特典CDが付きます。
まだ迷っている方は、レーベルのSoundcloudに合計3曲アップされていますので、
そちらを聴いてもらえたらと思います。


 
| about Botanical House | 20:38 | - | - |
Kidsaredeadの名バラッド、She Loves Me
先日は、今度5月1日にリリースとなるKidsaredeadの『The Other Side Of Town』から「Playmobil Todd」というかなりポップな曲を紹介しましたが、今日は、とても美しい「She Loves Me」というバラッドを紹介します。

ブライアン・ウィルソンやトッド・ラングレンの書くバラッドって、他の人とどこか違う響きを持っていますが、
Kidsaredeadの「She Loves Me」もまさにそうで、とにかく美しいです。
(ちなみに、僕は永井の作るバラッドにもそれを感じます。)

この曲をSoundcloudにアップしましたので、是非聴いてみてください。
 




メロディーの美しさだけでなく、
ヴィンセント本人によるギター・ソロもとても情熱的でグッと来ます。


2009年にヴィンセント(Kidsaredead)から彼のデモ曲集をもらったのですが、
そこに入っていた手紙の裏にこの曲の歌詞があったんですね。
歌詞の裏面を手紙として使う感覚がとても素敵だなと思います。

また、歌詞の方も、必要な歌詞だけを掲載するんじゃなくて、そこに写真のコラージュを入れたりして、
センスがとてもユーモラスだなぁと関心したものです。

また、この歌詞をよく見ると、音符の他に、デニス・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)やプリンス、マーヴィン・ゲイ等の名前が入っているところがまた面白いなと思いました。

今日はその手紙の裏をスキャンしたものを載せましたので、
この歌詞を見ながら曲を聴いて楽しんでもらえたらと思います。
※下の画像はクリックで拡大します。



 
| about Botanical House | 20:23 | - | - |
Kidsaredead『The Other Side Of Town』タワーレコード購入特典情報
5月1日発売のKidsaredead『The Other Side Of Town』 を全国のタワーレコード店舗※でお買い上げいただいた方に、
奇妙なコード進行を使い、現在U.S. インディーシーンで話題となっているChris WeismanをKidsaredeadがカバーした音源が入ったCDを差し上げます。

※タワーレコードオンラインでは購入特典は付きませんので、ご注意下さい。






盤面のラブリーな画と字はKidsaredead本人によるものです。

Chris Weismanはすごく変わったコード進行の曲を作る人です。
上記リンク先のアルバムは、全体的にビートルズのホワイト・アルバムの弾き語り曲を思い起こさせる雰囲気です。


こちらのCDは追加生産しませんので、お早めにどうぞ。




ついでに、今日は、Kidsaredeadのビデオを一つ紹介します。
撮影地は彼が育ったフランス東部の町(Clouange)かと思われます。

Kidsaredead「Typical Captain Achab」 from『The Other Side Of Town』 







 
| about Botanical House | 14:11 | - | - |
Botanical House第2弾リリースはフランスの「KIDSAREDEAD」
僕たちLamp主宰のレーベルBotanical House第2弾リリースはフランスのKidsaredead(キッズ・アー・デッド)の1stアルバム『The Other Side Of Town』になります。


Kidsaredead 『The Other Side Of Town』2015年5月1日リリース

01. Sistereo [ Part I ]
02. Band From The Past
03. Typical Captain Achab
04. Taking A Walk
05. School Returnz
06. Video Game Over
07. She Loves Me
08. Sistereo [ Part II ]
09. Playmobil Todd
10. Van Dyke Parking Carol
11. Captain Achab Boyfriend ※日本盤Bonus Track
12. Toothbrush ※日本盤Bonus Track
13. Sistereo (live Studio Acousti) ※日本盤Bonus Track
14. She Loves Me (live Studio Acousti) ※日本盤Bonus Track


Kidsaredeadは、フランス人Vincent Mougelが作詞・作曲から、歌、ほとんど全ての楽器の演奏まで、彼一人でやっているソロ・プロジェクト名です。

2007年当時、MySpaceで世界中の色んな音楽を聴き漁っていたのですが、
その時「こいつは凄い!」となったのがこのKidsaredeadです。

彼の音楽を知って以来、このブログでも度々彼の活動を採りあげてきましたが、
彼が2013年にベルギーのHot Puma Recordsから出したこの1stアルバムを日本で(願わくば自分たちのレーベルから)是が非でも出したかったので、
彼に熱烈にアタックしまして、なんとかこのリリースに至りました。
リリース日は5月1日になります。

今回、日本盤CD発売ということで、本CDにボーナストラックを4曲付けてもらった他、
タワーレコードの店舗でご購入いただいた方には特典音源※を差し上げることになっております。
CDに付属のブックレットも、日本盤CD発売に合わせ、オリジナルより数ページ増やしてもらいました&僕の文章も添えさせてもらいました。

今日は皆さんにKidsaredeadの音楽を知ってもらうために、こちらに1曲アップしました。


KIDSAREDEAD -PLAYMOBIL TODD




この「Playmobil Todd」を聴いてもらって分かるように、全体的にかなり変わったポップスでして、
トッド・ラングレンやビーチ・ボーイズ、10CC等、
ハーモニーが懲りながらも綺麗で、且つ奇天烈な音楽が好きな人なんかには特にお薦めです。


一昨日PayPalについて少し書きましたが、
そもそも僕がPayPalの利用を始めたのも、彼の音楽を入手したいが為だったんです。


彼の音楽が日本でも広まったら良いなという気持ちでいます。


▼過去のKidsaredead関連記事

kidsaredead 2009.03.08

Kidsaredead 2009.07.28

ネットで聴けるKidsaredeadの貴重デモ音源 2013.04.26


※購入特典詳細は改めて告知いたします。

 
| about Botanical House | 21:24 | - | - |
Botanical HouseのBandcamp、スタートさせました。

僕たちLampの自主レーベルBotanical Houseが運営するBandcampサイトをオープンさせました。



現在、こちらで今年1月にリリースしましたレーベル第1弾、新川忠の『Paintings of Lights』を販売しています。
ご購入がまだという方、
海外に居る為、中々CDの購入の機会がない方など、
サイト上で試聴も出来ますので、是非、上記リンクよりBandcampサイトに飛んでみて下さい。

 

Bandcamp、
知っている方もいると思うのですが、ミュージシャンやレーベルが消費者(ユーザー)に直接音源を販売することができるサイトです。
 

音源購入に必要なのは、「PayPalのアカウント」もしくは「クレジットカード」です。

PayPalは、海外で買い物をする人以外はあまり馴染みのないものかもしれませんが、今後、Botanical House作品をこちらでも販売して行く予定ですので、これを機会に使ってみてはいかがでしょうか?(僕は以前から使っています。)
 

購入から音源ダウンロードまで手続きは非常にシンプルですが、全て英語なので、抵抗のある人も多いかもしれません。
 

***********
購入手順を簡単に説明しておきます。

1.
まずは、Buy Nowをクリックし、Check Out Nowをクリック。
 

2.
■PayPalをお持ちの方
メールアドレスとパスワードを入力したら支払確認画面に行きますので、今すぐ支払うをクリックします。これで支払い完了となります。

■PayPalをお持ちでない方
下部の「Don't have a PayPal account?」をクリックすると、クレジットカード支払画面に行くので、そこで、一番上の国を選ぶ欄を「Japan」にしますとあとは日本語表記になりますので、それに従ってクレジットカード情報を入力して下さい。
 

3.
あとは、音源ダウンロード画面に行きますので、お好きなファイル形式を選択し、ダウンロードしてください。
***********


今後、これがレーベル運営を少しでも助けてくれる一つのツールになることを願っていますし、これから僕等が良い音楽をこのレーベルからリリースすることによって、そうなれば良いなと思っています。


また、今週火曜日夜にレーベル第2弾リリースを発表予定です。
こちらも楽しみにしていてください。

| about Botanical House | 01:20 | - | - |
新川忠『Paintings of Lights』、iTunes Storeで販売開始
僕たちのレーベルBotanical Houseから1月にリリースしました新川忠のアルバム『Paintings of Lights』ですが、
本日3月9日からiTunes Storeでも販売開始されました。

iTunes Store 新川忠『Paintings of Lights』

こちらから試聴も出来ますので、聴いてみてください。


新川忠 『Paintings of Lights』2015年
 
| about Botanical House | 13:50 | - | - |
<< | 3/4PAGES | >>